ブログトップ

オープンエアー

z178.exblog.jp

BMW・Z3のモディファイとギャラリー

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

車検で、ブッシュ類のへたりが指摘された。


前々から考えていたが、なかなかふみきれなかったサスの交換を近々行おうと思っている。


まだ、ショップに相談していないが、どの程度交換するかや費用は分からない。


今までの178号のモディファイは、ルックス的なものを重視して行ってきた。


それなりに費用もかかったが、満足いくように仕上がった。


オドメーターが10万キロに迫ったこれからの178号は、メンテナンスにお金をかけようと思う。


その第一弾がこのサス交換だ。


これからは、消耗品などを換えつつ、純正のよりもよりいい物があれば、それを装着してレベル
アップを図りたい。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-30 22:14 | クルマの話
ランドローバーディフェンダー。

ジローラモさんが所有されている白のディフェンダーを見てから気になっている。

そして、昨日車検で行った○ートプラネットでは、黒のディフェンダーが置いてあった。

カッコいい。


かなるワイルドなエクステリアは、45年間ほとんど変わっていないということだ。


そして、2.5Lと小さめなエンジンにMT設定なのも◎だ。


ちなみに、ジロさんは、白のディフェンダーに黒のアルファGTVを所有している。


両方とも、私にとってストライクど真ん中のクルマ選びだ。


178号と、ディフェンダー。

ありだなー。

でも、難点が一つ。

私には似合いそうも無い。


いつかはワイルドなクルマも似合うようになってやる。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-28 22:27 | クルマの話
2000年12月が初年度登録の178号は、今回が2度目の車検だ。

私の手に渡ったのが、2003年12月27日。

もうすぐ丸3年だ。

私の元に来てからは、初の車検となった。

今回は、費用のことを考えて、ディーラーで通すのではなく、○ートプラネットで通すことにした。

それでも、走行距離95,829kmと、過走行の178号。

無事に車検が通るか不安だった。



今回の車検の内訳は以下の通りだ。

点検費用  ¥19,300
自賠責    ¥29,780
重量税   ¥37,800
印紙代   ¥1,100
リサイクル料¥16,100
資金管理料¥480
フロントブレーキパッド交換¥17,600(工賃¥6,000含)
ブレーキオイル交換¥5,300(工賃¥4,000含)
ブレーキクリーナー¥1,000
発煙筒¥650
消費税¥2,192

総計¥131,302

ブレーキパッドの交換などもしたので、費用はそこそこいってしまった。

そして、今回、ギアオイルのにじみと、プロペラシャフトのブッシュの劣化も指摘された。


無事に車検は通ったが、これからも末永く乗っていきたいクルマだけに、整備は今後もしっかりしていきたい。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-27 22:11 | クルマの話
11月20日、天気晴れ。

カート耐久第11戦が行われた。

私にとっては、今年10戦目。

我がロストボーイズの中でも、これだけ参戦している方はいないんじゃないだろうか?

よく言えば熱心。悪く言えばひま人。


とにもかくにも、今年も残り2戦となった。

この1ヶ月間、筋トレ無し、練習無しだった。

しかし、「バリバリ伝説」を全巻読みふけり、レーサーの心構えや条件を勉強した。

まさしく、グンの気持ちで挑んだ第11戦だった。


中身の方は、予選スタートの時に、エンジン始動する紐が切れてしまい、波乱の幕開け。

急遽Tカーでの予選になるも、1分7秒台しか出ず、あせりまくりのロストボーイズAチーム。

速いチームは、3秒台が出ていた。

マシンの差も、大きかった。

あのマシンで3秒台など、不可能ではなかろうか。

そう思っている間に、モトのカートが直り、改めてタイムアタック。

私のタイムが5秒台でチーム内の最速になった。

うーん、それでもこのマシンはコーナーでタイヤが干渉しているような振動が出て、乗りにくかった。

そして、決勝。

予選チーム内トップの私がスターターを務めることになった。

しかし、予選の順位は11チーム中7位。

苦戦は必死だ。

しかし、ここでグンなら、一気にごぼう抜きでトップ争いに加わるだろう。

私も、それをイメージし、無理してでも1周目からいく気だった。

しかし、フォーメーションラップ直前にBPさんから、スピンだけは絶対するなと釘をさされた。

ケンカ走行でガンガンいこうかと思っていたが、我に返り、チームの走りに徹し、着実にいくことにした。

そして、決勝の1周目、第1コーナーから、第2コーナーにかけて、いきなり8番手のせと選手に抜かれた。

なにーと思ったが、冷静に後ろについて行った。

そしたら、バックストレートの次のコーナーで、6番手のゆーじ選手がスピン。

それに巻き込まれたせと選手もクラッシュ。

その横を、私はスーっと抜けて、6位にジャンプアップ。

棚からぼたもちで、ラッキーって感じだった。

同じロストボーイズではあったが、他の選手を思いやる余裕は無かった。

そして、5番手のチームに、2、3周で追いつき、抜くチャンスをうかがっていた。

後ろについていると、前のカートはコーナーで滑りまくりで、スキだらけだった。

私は、コーナーの突っ込みをスローで入って、立ち上がり重視のラインで行ったら、きれいに抜けた。

スローインファーストアウト。

まさにバリバリ伝説から学んだ技がつぼにはまった。


そして、トップ争いをしていたSMAPiさんが、フロントタイアが脱輪するというアクシデントがあって、またまた棚からぼたもち状態。

一気に4位だ。

そのまま4番手で2番手のイソ選手とバトンタッチした。

イソ選手は、そこそこのタイムで周回したが、やはり乗りにくそうだった。

そして、3番手BP選手。

塾長の面目躍如で、4秒台で周回。

3番手のチームと、周回遅れのチームをきれいにパスする姿は、かなりレース慣れしている感じで、カッコ良かった。

そして、4番手のシューマサ選手と交代。

ピットアウトする際、シューマサ選手は、
「4番手のチームが迫ってきたら、ちょっと早くても、交代して」
と、とっても後ろ向きな発言をしていた。

その発言とは裏腹に、シューマサ選手は快調に周回。

そのまま3番手で最後、もう一度、イソ選手に交代。

最後は危なげなく3位でゴールイン。

今回は、予選が悪かったので、3位でもよしとしよう。

やはり、予選で3番手に入っていないと、優勝は狙えない。

私自身に限っては、タイムこそ出なかったが、スターターとして、着実に順位を上げられたので満足している。

次回はいよいよ今年最後の耐久だ。

頑張るぞ。

それにしても、やっぱりスターターというのは、一番難しいと思うが、最も注目されて、気持ちいい。


今回のロストボーイズ内のランキング

シューマサ 1’04”572
BP 1’04”602
イソ・ラウダ 1’04”685
R&S 1’04”907
178号 1’04”952
ジュニア 1’04”969
せと 1’05”062
PANDA 1’05”123
ゆーじ 1’05”269
MR.T 1’05”441
ビッグ壷 1’05”593
ヤッヂ 1’05”595
てっしー 1’05”661
[PR]
by 178z3 | 2005-11-21 22:30 | カートの話
今日、○ートプラネットの試乗会に行ってきた。

試乗できるメーカーは、プジョー、オペル、サーブ、キャデラック、ランドローバー、ミニ、アルファロメオ、シトロエン、BMW、ヒュンダイだ。

どのメーカーも、4車種くらいずつ試乗車が用意してあった。

今回は2台まで試乗できる。

私が候補に挙げたのは、プジョー206RC、レンジローバーヴォーグ、アルファ147、アルファGT、Z4、1シリーズ、コルベットだ。

今回のDMを送ってくださったのはアルファの方であり、1台はアルファに乗ろうと決めていた。
147は以前に試乗したことがあったので、今回はGTにした。

試乗車は2.0のセレだった。
セレの構造は、MT車と同じであり、クラッチが無い分楽だというのがウリだ。

しかし、私はやっぱりクラッチを切って、シフトチェンジをするのが好きで、セレは物足りない気がした。
エンジンは2.0だが、166馬力あり、街乗りには十分だった。

価格は400万円オーバーとやや高い。

営業の方に聞くと、デザイン料がかなり高いと言っていた。
カウンタックなどを手がけたベルトーネのデザイン。
アルファの中でも、曲線が多くて、優美な仕上がりに仕上がっている。
でも、これを買うなら、GTVの方がいいな。



2台目の試乗は、普段乗れないクルマに乗ろうと考えた。
そこで選んだのがレンジのヴォーグ。

決して買うことは無いだろうが、一度乗ってみたかった。

第一印象は着座位置がとても高い。
そして、中が広い。
全長も全幅も大きい。
エンジンはとても静かだ。

そして、2.5tの重量にかかわらず、踏めば加速する。

でも、やっぱりドライビングプレジャーは少ない。

まだまだ、スポーツカー路線でいきたいと思った。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-13 22:43 | クルマの話
ミシュランのブース
c0006589_2240333.jpg




オロチ
とっても個性的
グリル何かは、事故ったかと思うようなデザインだった
c0006589_22403367.jpg

c0006589_22413194.jpg



ケイマンS
色も爽やかで颯爽とした感じ
c0006589_2242174.jpg

c0006589_22422953.jpg

c0006589_2243738.jpg




こんなクルマがごろごろ置いてあった
c0006589_2243946.jpg



メチャかっこいい
白か黒がいい
c0006589_22435466.jpg



この中では、とっても癒し系
c0006589_22443936.jpg

c0006589_2245331.jpg



ベイロン
最高速度407キロ
100キロ加速2.5秒 
1001馬力
c0006589_2245462.jpg



サリーン
約9,000万円
ひと桁違っても手が出ない
c0006589_22483853.jpg



こっからは、マジで欲しいクルマ

ブレラ
これは気に入った
159はイマイチだったけど・・・
これなら、今後のアルファのラインナップも期待大
c0006589_2249933.jpg

c0006589_22492725.jpg



Z4クーペ
Z3クーペ程ではないが、これはこれで写真で見た以上に個性的な形だった
いい感じ
c0006589_22495252.jpg

c0006589_22501145.jpg




アルピナ次の次のクルマとして、迎えたい(40歳過ぎてから)
エレガント過ぎ!!
c0006589_22503587.jpg

c0006589_22505615.jpg

[PR]
by 178z3 | 2005-11-06 22:51
今日、国道を走行中に、318を見かけた。

E36で、どノーマルだったが、何か、いい感じだった。

何がいい感じかというと、ちょっと古いクルマというのは、ホッとする感じがするし、長年乗っているというのは、オーナーから大切にされている感じもする。


私は、どちらかといえば、最新のクルマより、ちょっと古いクルマの方が好きだ。


そして、今日見た、ちょっと古いクルマのもう一台。


964か928か、924か964のどれか。


見たのは、一台だけだが、あまり詳しく無いから、このうちのどれか分からない。


でも、このポルシェは、どれも不人気なポルシェだ。


前は、何とも思わなかったが、最近はこういうポルシェを大切に長く乗るのもいいなと思う。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-03 22:43 | クルマの話
NSX


日本が誇るスーパーカーだ。


S2000、インテR、シビックRなど、ホンダの誇るスポーツカーは数多くあれど、やはりNSXは別格だ。


あのスーパーカーらしいルックスがたまらなくかっこいい。


一度、試乗してみたいクルマだが、なかなか機会が無い。


運転したら、どんな感じだろう。


きっと、まず、ドライビングポジションがとんでもなく低いだろう。


そして、ホンダの誇るNAエンジンは、レスポンスがとっても良さそうだ。


ほんとに一度でいいから、運転してみたい。
[PR]
by 178z3 | 2005-11-01 21:48 | クルマの話